×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

事件:更新2007/05/18

フランヌ大統領に 
イヌコジ氏就任
早くも力士迫害の動き

フランヌ大統領選でバトル氏との決選投票を僅差で制したイヌコジ氏が、16日、大統領に正式に就任した。

ここのところのフランヌ国内の景気の低迷などのフランヌ社会の停滞を打破が新大統領には求められているが、イヌコジ氏は就任演説で「フランヌ建て直しのためには、私財200億(ユーロ)のうち、半分は使っていいと家族の承諾を得た」と宣言、支援者を大いに沸かせた。また、同じ就任演説の中で、氏は「革命的な構造改革の断行」を表明、税制、教育、移民政策などについて大胆な提言をしてみせた。

中でも注目されるのが、前大統領のイクラ氏とは対照的に、大の相撲嫌いであるということである。通例行われてきたフランヌ友好杯の贈呈は今行われている夏場所は見送られることが既に決定するなど、その態度は少々露骨とも言える。内務大臣時代、「時代遅れの髪型のデヴが裸で抱き合うなど特殊な嗜好(いわゆるデブ専+時代物)の持ち主でない限り絶対ムリ!頭がおかしいよ、日本人は!アッアッアッ(笑)」と発言し、当時の途橘風理事長を「ハ行が喋れないくせに生意気だ」と激怒させたことでも知られる。

そして17日、大統領府からフランヌ陸軍に極秘に大統領直々の命令が下され、フランヌ国内に500はあるといわれる相撲部屋が次々と攻撃を受けていることが確認された。どうやら、国内の力士掃討作戦に本格的に乗り出した模様。一方の力士側は生き残った力士が「力士義勇軍」を結成して必死に抵抗しているが、フランヌ陸軍30万に対し、「義勇軍」はわずかに1万。しかも武器らしい武器もなくあるのは「鉄砲」だけで、その「鉄砲」も実は張り手か柱のどちらかではないかといわれており、全滅も時間の問題のようだ。
これについてイヌコジ氏はノーコメントを貫いているものの「デヴは嫌いだ、デヴは嫌いだ・・・」と暇さえあればつぶやいているらしく、側近によると「小学生の頃デヴをからかって散々いじめられた後まわさr(以下自粛)」のだそうで、その矛先は力士というよりは体格の良い人たちに向かっているようだ。実際、信頼できる消息筋によれば、「力士の次は一般のデヴだ、デヴはエントロピーの関係上無駄な存在だ、奴らがいるからフランヌは不況なんだ」と常日頃言っているらしく、フランヌ料理のせいで太目の人が多いフランヌ国民は「何であんなの選んじまったんだ」と早くも後悔の声が上がっている。その一方で痩身業界の株価が平均して一気に5倍に跳ね上がるなど早くも部分的に景気回復の兆しをみせており、イヌコジ氏の手腕を高く評価する声が聞かれているのも事実だ。

「チャンコ鍋とやらはメタボリック症候群の温床だ!マゲのデヴはチャンコの代わりにウ○コでも食ってろ、アッアッアッ(笑)」とうそぶく大統領は、力士迫害の傍ら、国内のちゃんこ料理店の閉鎖を関係各所に指示、次々と店舗は閉鎖、店主は逮捕の憂き目に遭っているという未確認情報も入っており、フランヌ人の相撲ファンにとってはしばらく冬の時代を迎えそうだ。


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

国際」カテゴリの別の記事を読む