×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:更新2012/06/12

RGK総選挙
序二段・桜灘、一挙に幕内に昇進

「第4回AKB選抜総選挙」が行われたその陰で、実は大相模協会も総選挙を行っていたことはご存じだろうか。ここ数年のスキャンダル続きで人気も地に落ちた感のある大相模、基本的には伝統と格式のある「文化」として矜持を保つ姿勢を見せる一方で、興業を考慮し、人気回復策を次々と打ち出しているのは三月場所の貴乃花親方の奮闘ぶりを見ても明らかといえよう。そして、日本屈指のアイドルグループであるAKB48も研究対象とした協会は早速それに倣い、いきなり総選挙を実施したのである。

両国だけに「RGK(アール・ジー・ケー)総選挙」と銘打たれたこのイベントでは、総選挙の「選挙権」は、被選挙権は全力士がこれを持ち、投票権は去年の七月(名古屋)場所から今年の五月(夏)場所までの1年間に入場券を購入した人に限定される。また投票権はその購入額によって持ち票数が変わり、最も安い椅子席1つには1票だが枡席Aだと20票(但し4席分換算)となり、チケットの購入者にのみ与えられる。投票したい人は、チケットの半券を協会窓口に提示して投票用紙をもらうか、チケットをネットで購入した人ならネット投票が可能となる。今回の総選挙はチケット購入者にのみ通知され、2012年5月22日10時00分00秒から同年6月5日14時59分59秒まで投票が行われ、結果は6月6日両国国枝館で発表された。

今回の総選挙は初の試みということもあり、「とりあえず一位になった力士には幕内で取ってもらうか」という方針となった。したがって、現時点で幕内にいる力士には大してメリットのない企画となった。ただ、平幕力士が選ばれた場合には「三役に抜擢するかも」ということにはしていたという。そして6月5日集計時点で一位に選ばれたのは5,000票余りを獲得した二保ヶ関部屋の木卯川(最高位十両)となった。一般投票ではそうでもなかったものの、ネット投票で圧倒的な強さを見せたという。

ところが、木卯川は今年1月(初)場所限りですでに引退しており、協会にすら留まっていなかったため、急遽木卯川票は全て無効票となった。相模協会には、引退した力士は二度と現役に復帰できないという不文律があるからである。その結果、431票を獲得した二位の力士が繰り上げで一位と決まった。序二段力士の桜灘である。

この桜灘、角界に入ってすでに8年、最高位が序二段東90枚目で身長164センチメートル、体重62キログラム、色白で容貌は端正ながら、特に筋肉がついているわけでもないので、華奢なことをもじって「キャシャリン」と呼ばれており、容貌が良いので一部のコアなファンから熱狂的な声援を受けていることで有名。彼のファンでなくても相撲通なら「キャシャリン」で通じるという。通算成績は36勝300敗。定位置は基本的に序ノ口上位である。得意技は土俵上での吐血。

協会幹部は桜灘のこの結果について、「シンデレラボーイだな、うははは」と大して気にも留めていない様子で、七月(名古屋)場所の番付においていきなり前頭最下位に付け出されることがすでに内定している。序二段どころか序ノ口からの脱却もままならない桜灘にとってはたしかに「シンデレラ・ストーリー」といえようが、本人はこの結果にショックを受け、吐血をした後部屋を脱走。連れ戻されてまた吐血したという。桜灘の親方は「弱いくせに顔が良いからファンが多い。だから先輩力士にかなりやられてんだよね、いじめとか、…ほれ、その、色んな意味で。やっぱほら色白で端正だし」と意味深発言。さらに、「しかもこんな形で出世したとあってはますますやっかみの対象になる。男の嫉妬ほど厄介なものはないからな。で、ますますやられるだろう、その、色んな意味で」とのことだった。

本誌編集部は桜灘との接触を試みたが、ひっきりなしに吐血しているため面会できず、後日、桜灘本人の直筆の手紙が送られてきたが鮮血に染まっており、何て書いてあるか判読出来なかった。判読できるところだけ抜粋すると「吐血は俺のポリシー」「TKT48(笑)」「フレッシュレモンに吐血」とのことで、梶井基次郎に憧憬を抱いていることは判明した。なお、彼の吐血パフォーマンスは一部コアなファンにすら受け入れられておらず、「神聖な土俵を血で怪我すとは何事か」「というか病院行け」などと散々な言われようであるため、七月(名古屋)場所の幕内の土俵で吐血するのかは不明。ちなみに、彼の吐血は名人芸の域に達しているといわれ、塵を切るときにいきなり吐血、仕切っている最中によく見たら血を吐いているとか、相手に当たった瞬間に口・目・耳・鼻から一斉に血が噴き出すなど、吐血だけで48手持っているといわれている。当然、行司や呼出には後始末の関係でものすごく評判が悪い。

そんな四面楚歌の桜灘、ようやくめぐってきた「春」に、彼の四股名にある「桜」色の鮮血でどう応えてくれるのだろうか。なおNHKは「出血しても中継は続ける」としており、久しぶりに大規模な放送事故が見られそうだ。

おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む