×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:2010/07/25

大相撲
「握手権」つき桝席チケット販売へ
8月リリースの新作相撲甚句CDにも

度重なる不祥事で人気が地に落ちているといわれる大相撲であるが、残留組の活躍や、中継こそされないものの白鵬の連勝など、話題には事欠かない名古屋場所であった。協会はその余勢を駆って、秋場所以降の升席チケットには特定の力士との「握手権」をつけるという思い切った策に出る。

基本的に、プロスポーツ選手と一般客との距離は大相撲に限らず「遠い」のが普通である。これはもちろん、有名人には共通することであるが、狂信的なファンから身を守る意味もある。ただし、大相撲に関しては力士や相撲部屋の後援会に所属することでこれらの距離は容易に縮めることが出来るのはよく知られているところである。

しかしながら、いわゆる「タニマチ」になるほどお金を持っていないような一般のファンには相変わらず力士は遠い存在である上、一回は握手してみたいけどそれ以上はいいやというドライな一般客が多くいることも事実。そうした彼らのハートをつかむ意図を込めて、今回、協会はこのような企画を立てたものとみられる。握手権の詳細はまだ決まっていないというが、恐らくは打ち出しの後、握手権の該当力士が入場ゲートにて待ち構え、握手した後観客に気持ち良く帰ってもらう形になるものと思われる。

秋場所のチケットはそれを踏まえて現在鋭意作成中とのこと。チケットの裏側にコインでこすると力士の名が浮かび上がり、その力士と握手できるという画期的なものとなりそうである。ただし、初日の握手権力士はすべて豊魔将だということで、ファンとしては予断を許さない情勢。全て豊魔将になっているのは、ただの印刷ミスなのか、故意の嫌がらせなのかは今のところ不明。

また、角界が誇る相撲甚句の名手多数による「OSM48 ザ・SUMO-GinQ(スモウジンク)」を協会主導で来月10日にリリースすることが明らかとなった。大相撲の伝統色濃い「相撲甚句」のさまざまなバリエーションが聴けるアルバムになるという。CDジャケットを48色取り揃え、それぞれ歌い手が違う上に、ファン感謝イベントにおける握手権をこれにもつけているという。協会担当者は「このCDによる収入も協会にとっては貴重。どんな手を使っても売り上げを伸ばしてくれるわ」と興奮気味に語ってくれた。

不祥事に泣かされ続けの大相撲人気回復の起爆剤となるか。

握手権に詳しい新田八郎・束京大学理学部教授(握手工学)の話

握手会に行く人たちが×××を触った後、特に手も洗わず握手をするというのは業界的に有名な話だ。当然×××は雑菌だらけなわけで、そんなものを触った手でお目当てのアイドルに握手しようという、実に不埒で倒錯的なイベントだ。けれども、当の握手会に現れるアイドルたちもまた彼らに負けじと×××を触りまくってそして特に手も洗わずに握手会に臨むというのはもはや珍しい話ではないという。握手を望む人たちの汚らわしい菌と、握手をしてくれる人たちのこれまた汚らわしい菌とが実際の握手を通じて混じり合うわけだ。握手の際に互いの手の平で繰り広げられる接触雑菌運動。うごめき、のたうちまわる大腸菌とかカンジダとかの絶妙なハーモニー。そして握手をしてもらった側は握手をしてもらって特に手を洗わなかったりする。手の平を顔に当ててにおいをかいだりする。そうした結果どうなるかというと、鼻の粘膜に互いの手の平の上で悪質な突然変異を遂げた菌が付着するのだよ。それはもう雑菌にとってはこれ以上ない培地。数百人単位の雑菌(それも人に言えない場所の)が混じり合う奇跡の瞬間を胸いっぱいに吸い込むとか頭がおかしすぎる。そういう奴らは肺が性病になって死ねばいい。そう、死ねばいい。みんな死んでしまえばいいんだ。


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む