×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:更新2009/01/02

断髪式はもう古い!?
時代は今、「逆」断髪式

薄毛で有名だった元関脇・光頭山が、先月25日、禿ノ山親方襲名披露パーティーを両国国枝館で開催した。

本来なら土俵上で断髪式を行い、長年つけてきた大銀杏をお世話になった人に少しずつハサミを入れてもらい、最後に師匠である親方に切り落としてもらう、というところだが、光頭山はすでにマゲどころか髪の毛がない。そこでパーティーを企画したイベント会社が「逆転の発想」ということで「逆」断髪式を提案した。

企画書によると、

(1) まず、本来ハサミを入れる列席者の方々にはとりあえず「付けマゲ」を持ってきてもらう

(2) 土俵上でイスに座って待つ光頭山の頭にその「付けマゲ」を貼り付けていく

(3) 最後に師匠が本来マゲのある位置に「付けマゲ」を貼り付けて終わり

というものであった。企画会議のときに光頭山はいなかったが、「サプライズパーティーのような感覚で彼を喜ばせてあげよう」という師匠の計らいがあったものと思われる。そして当日、ハサミの代わりに「付けマゲ」を持った関係者が土俵下に待機、粛々と光頭山の頭にマゲを貼り付けていった。光頭山は人望があることでも知られ、列席者は100人をはるかに超えた。そのため、マゲをつけていく人が20人を超えた辺りから館内は異様な雰囲気になり、でも笑うわけにもいかないというちょっとした拷問のような状況に。最後に親方が少し大きめの大銀杏を彼の頭頂部につけ、館内は大きな拍手とホッと安堵したような歓声に包まれた。

「逆」断髪式が終了した後は、タキシードに着替えた親方が颯爽と登場、頭はそのままに「ィやめろッとッいわれても〜」と西城秀樹の歌を熱唱したり、部屋の若い力士たちと5人でこれまたスヌップのメドレーを熱唱、その際、リーダーのパートを務め上げたりした。スヌップ・メドレーの際は、その激しいダンスにつけたばかりのマゲが多数ステージに落ちたが、その様子に観客はただただ肩を震わせるばかりであった。

光頭山の友達で実際にマゲを貼り付けた某氏の話

何というか、マゲがほしかったのに望みがかなわずして死んだ妖怪のような・・・。

ら王


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む