Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:更新2008/09/30

苦労人・首梨山、新十両へ
苦節8年、大きなハンデを乗り越えて
手話で喜び表す

大きな障害を抱えながら、中学卒業以来黙々と相撲に打ち込んできた「彼」がついに念願の関取昇進を果たす―。

大相撲の力士なら、誰しも夢見る関取の座。しかし、多くの実力者が挑戦しては夢破れて去っていった。しかし、今回紹介する「彼」は、普通の人なら恐らく耐えられないであろうハンデを乗り越えて、来場所の関取昇進を決めたのだった。

「彼」の四股名は、首梨山(しゅりざん)。この9月場所、幕下西5枚目で6勝1敗の好成績。ただ、最近の動向だとこの成績なら来場所は幕下筆頭に据え置かれるところであったが、例の大麻騒動や元関脇・玉春日の引退などで新十両の間口がいきなり広くなったことも幸いした。「苦労人の奴のことを、神様は見ていて下さった」と、首梨山の師匠・大手門親方は涙ながらに語る。以下、青字は大手門親方の談話。

彼が両親に伴われて私の部屋を訪れたのは、8年前の2月のこと。彼のお母さんが、私の部屋の後援会会長と縁があって、息子さんを紹介してもらえることになった。いや、初めて彼を見たときはびっくりしましたよ。

首梨山は沖縄県出身。初めは故郷の「首里城」にちなんで「首里山」と名乗っていたが、幕下に上がってから低迷。そこで心機一転して「里」を「梨」の字に替えた。これは親方の強い勧めがあってのことという。

彼の大変恵まれた体格はまさに相撲の申し子といえた。しかし、・・・(嗚咽)しかし、彼には想像を絶するハンデをもうその時から抱えていたのです。私は一目見て分かりました

首梨山は、元々障害を抱えていたわけではない。彼が小学3年生の頃、相撲道場からの帰り道、ダンプカーに轢かれて首から上がもげてしまうという瀕死の重傷を負う。ただ、幸い脳幹が生きていたことと、彼の強靭な生命力が自らの命を永らえさせた。彼は、首を失いながら、約3年にわたる必死のリハビリに耐え、ついに病院から退院するのである。

彼は地元の中学校に通うことになりましたが・・・、しかし彼は首から上がないので、視覚・嗅覚・聴覚・味覚がほとんどなく、しかも3年にわたるリハビリのせいでまったく勉強をしてこなかった。手話を覚えるだけで精一杯だった。しかし、これが彼を相撲に打ち込ませる原動力となったのだから、人生とは分からないものです。

中学入学当初の彼の体格は155センチ70キロ。もし首があったら170センチ90キロ位の選手として活躍できただろう。周りの選手たちは自分より頭一つ大きい選手ばかりだったという。しかし、彼は辛いリハビリに耐え抜いた不屈の精神をもって猛稽古にまい進。そして何と中学1年生の時には中学総合体育大会(中総体)の沖縄県予選でいきなり優勝してしまうのである。彼の実力もさることながら、彼を初めて見た選手がいきなり泣き出したりして試合にならないなどの幸運にも恵まれ、その栄冠につながった。

しかし、翌年はこううまくは行きませんでした。初めは怖がっていた選手たちも、彼を見慣れることによって恐怖を克服。すると今度は他の選手より一回り小さいこと、そして目が見えない、というか目がないハンデをつかれて勝てなくなってしまったんですね。

勝てなくなった首梨山は、その頃ひどくふさぎ込んでいる様子だった、と彼を知る人は一様に語る。そして稽古に時々顔を出すものの上がり座敷に腰を下ろしたままボーっとする毎日。相撲部の見学に来た新1年生の生徒が彼をはじめてみて泣き出したりしても、彼は耳が聞こえない、というか耳がないからお構いなしであった。けれども、これが奏功する。

どうせ勝てないから、という理由で食っちゃ寝、食っちゃ寝の暮らしを続けていたらしいんですよ、その時。ところが、どうしたわけだかこれがちょうど成長期と重なったらしくて、彼の体格は一回りも二回りも大きくなるんです。180センチ120キロ。もし首があったら2メートル越えの超巨漢ですよ。そして彼は、3年生の時、全国大会でベスト8に入りました。

しかし、彼はそのような活躍したにもかかわらず、相撲部屋からは声がかからなかった。その理由は明白だった。彼には首がない。そう、つまりマゲが結えないからである。

私もその点(マゲが結えないこと)が一番気になりました。しかし、そこは工夫することでどうにでもなる。とにかく彼の一途な相撲への情熱を買いました。当然、他の親方衆はあまり良い顔をしませんでした。ある美男で知られる親方などは「力士は顔が命だろッ」などと言い放ちました。しかし、私も彼も負けませんでした。彼は新弟子検査では「頭がない以外は全て正常」と但し書きつきながらついに初土俵を踏むことが出来たのです。その後は割りとトントン拍子でした。口がないからちゃんこを流動食にしたものをチューブで直接首にあいている穴に注ぎ込まなければならない、という不便はありましたが、まあ、こういっちゃ何ですけれども見た目は怖いですし(笑)、そもそも実力がすごくありますから、特に誰からもいじめられるということもなく、順調に出世していきました。ついに彼は念願の十両に上がりますが、もちろん彼はここで終わる力士ではありません。この地位で満足せずに、入幕、三役、そして横綱になって、大相撲の顔になってほしい…おっと、首がないから顔にはなれねぇな(笑)、…まあそんなところですかね。彼には期待しています。

首梨山は、途中幕下の下位でもたつきはしたものの、改名してこれを乗り越え、ついに一つの目標を成し遂げた。彼はしゃべれないので手話で「ぼくは首がない以外はいたって普通の青年です(笑)。どうかぼくを見に応援しに来てください」と語ってくれた。

Nト|K相撲放送局長の話

彼が出世していくのはいんですが、放送していいんですかね…。

ら王


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む