×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:更新2007/05/24

高見盛の真実!?
読売新聞のインタヴューで明らかに

今月24日発売の読売新聞朝刊に、きのう7勝目を上げた高見盛へのインタヴューが掲載されたが、そこには、今までのキャラクターとは程遠い、というかある意味本性に近い高見盛の生の声が載った。以下、抜粋。

―(インタヴュアー)2桁勝ち星を狙えますね。

残り全勝せいっていうんかい、コラァ!

現在23日時点で7勝4敗なので、微妙に計算を間違えているのはご愛嬌だとしても、これまでのキャラクターだった

うぼぼぼ、いっしょうけんめいすぼうをとるだけです

せいいいいっぱいやややりました

ぶぶぶ、うわてをとととれればこここっちのものなので・・・ズハァ・・・もううわてを・・・グフぅ・・・んんむむむちゅうでで・・・とととととったらはしるだけででで(以下略)

といった、相撲道のみに邁進するひたむきな青年力士の姿はもはや微塵もない。
上述のインタヴュー記事を見ると、ここにきて彼は何かからの脱却を図っているようにも伺える。やはり今までのキャラクターを演じるのに疲れたというところか。

そういえば小倉優子もそろそろ「こりん星」を爆破し(たことにし)て、キャラクターの転換をはかるという説(「元に戻す」ともいう)が流れている。キャラクターの演じっぷりでは彼女に負けていない高見盛は、まさしく「相撲界のゆうこりん」といえる存在だが、不思議系のキャラクターから一時期は「ギリギリ障○者」、「実は本当にロボ」といったキャラクター設定をするのではないかと見られていた。しかし、これからの高見盛はどうやらそうではなくなるのではないかという推測も成り立つ。

アマチュア横綱を取った時の伝説のインタビューから早くも10年。彼の放送コードギリギリのキャラクターはこの時確定したといっても過言ではない。しかし、彼はとうとう別のキャラクターへと進化を遂げるときが来たのではないか。そもそも彼の本当の姿は、10歳で5カ国語をマスターし、15歳の時にはすでに東大に入れる力を持っていたが、「東大なんてそんな(相撲の)レベルの低いところには行きたくない」とうそぶいて天下の難関日本大学に入学したといわれている。そんな我が道を行く漢・高見盛はいったいどこに行くのか。これからも彼から目が離せない。


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む