×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

角界:更新2005/11/14

元横綱大鳳親方、
カリスマ植木職人として大成功か!?

大相撲の元横綱大鳳親方が突如角界を退職し、植木職人への電撃転向を表明してから6ヵ月。今ではすっかりカリスマ植木職人として評判になっているといい、連日人だかりができるほどの賑わいぶりだという。

元親方の勤める「ヘヤーサロン杉」を訪ねてみると、店の前には人相風体の怪しいチンピラや暴力団らしき男たちがたむろし、口々に「借りたもの返すだべし」「全額耳そろえて返済するニダ」などと叫んでいる有様。店はドアも窓も硬く閉め切った様子で、中に人がいるのかもわからない。壁一面を督促状やビラなどが覆いつくし、玄関先には生ごみや猫の死骸がうずたかく積まれている。

しばらく後、男たちは「また明日来るからな」などと吐き捨てるように言うと、吸っていたタバコを店の郵便受けに押し込み、黒塗りの車に乗って去っていった。

その後、あたりは本来の静けさに戻ったが、まもなく店の中から大柄だがどこか頼りなさそうな男性が店外に出てきた。周囲を窺うようなそぶりで背を丸める姿がどことなく滑稽にも思えた。彼は近所の人の目がないのを確認すると玄関先の生ごみやら猫の死骸やらを隣家の庭へと放り込み始めた。まるでごみの収集作業のようだ。

記者はその姿を見て安堵した。「もう親方の面影はないな」と心に強く思った。そして、そのまま記者は汽車で帰社した。

カリスマ植木職人としての技量を目視することはできなかったが、大鳳元親方はたしかにそこに存在し、そして今も庶民から親しまれていたのだ。

今川開発


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

角界」カテゴリの別の記事を読む