×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

自然・災害:更新2003/11/12

角界沈没!?
大相撲土佐ヶ嶽部屋も津波で流失!
東南海大地震による犠牲者に横綱クラスも!!

 先の東南海大地震で喜界ヶ島を襲った超巨大津波はその高さが最大50メートルにも及んでいたことが、今回調査に当たった旭日大学地震研究愛好会(統括管 理者村上キヌ主任、サヤ副主任親子)の作成した被害調査メモにより判明した。これによると津波は高さ50メートル、時速75キロで喜界ヶ島を襲い、最深で内陸24キロの地点にまで達していたという。村上主任らの試算によると、その巨大なエネルギーは馬100頭分(推定)を遥かに上回るという。

 この喜界ヶ島には、大相撲の西成部屋、離駒部屋、土佐ヶ獄部屋、鸚鵡松部屋、東鳴戸部屋があり、すべての部屋で目を覆うような被害が出ている。建物、土俵はもとより倉庫、ラボ、厨房、厠にいたるまでほとんどすべてが流失。さらにこれら物的被害にとどまらず人的被害も甚大である。所属力士はもちろんのこと 行司、親方、おかみさんらが巨大津波にさらわれ、一部は遥かアルゼンチン沖10kmの大西洋上で遺体となって発見されている。先の台風55号被害からようやく立ち直った矢先の惨事に関係者はショックを隠せないで様子。
 津波発生から4日経った今朝までの時点で、すでに島民7,500人以上、力士900名以上の死亡が確認された。遺体となって回収された関取のうち、横綱 王ノ邦(離駒)、横綱宇津潮(東鳴戸)、横綱知微黒(西成)、大関麻原(鸚鵡松)、大関上祐(鸚鵡松)、関脇平田(鸚鵡松)、小結林郁夫(鸚鵡松)、前頭 十代大海(土佐ヶ獄)などは津波にさらわれたことによる溺死と判明。さらに、横綱殿様(東鳴戸)、大関寒星(西成)をはじめ多くの関取は依然行方不明のまま。これにシモジモの者どもを加えると、最終的に死者・行方不明者は2,000名を超えるという。
 しかし、もっとも深刻な被害は各部屋で肥育していたブタ3万5千頭あまりが全滅したことである。これらのブタは、食用はもとよりペットとしてあるいは出場代行力士としても活躍しており、これらブタがいなければ今後の相撲興行にも深刻なダメージをもたらすことは必至の状況である。角界の存亡はまさに累卵の 危うきにあるのが現状だ。

 にもかかわらず、今もって相撲協会は何らの救済策すら打ち出していない。そもそも津波被害の第一報が入ったとき、おりしも協会幹部は皆ソープランド接待の最中であったが、事態を軽視して接待を続行。結果、多くの被災者は避難所すら与えられることなく瓦礫の山にうずもれながらの生活を強いられた。
 こうした協会の態度に業を煮やした熱烈なファンは協会本部に群れで押し寄せ猛抗議を繰り返すなど、群衆の一部が暴徒化。検非違使や頭脳警察が出動する事態となった。また、相撲評論家の大杉戸ピィ子氏は「ポップなテクノクラートのバイブでそこんとこよろしく」と漏らし、事態の収拾を図ろうとするも失敗。反 発した市民に狙撃されあっけなく落命するなど、かえって混乱を招いた。
 ヨネハ相撲教会末席門主の未志恩宣夫氏は「おいおい、津波ぐらいでビクビクするんじゃねえや」と発言。しかも被災者からの猛烈な抗議を受けた直後にも、 「まあ、いつもどおりですわ…。」と吐き捨て、被害者感情をまるで逆なでするかのような態度になぜか関取衆は惚れ惚れした。
 今回の津波被害について、専門家の間ではもっぱら人災だとする声が強い。苗代大学のハシム・サイード教授(重量学)は著書『人災ってなあに?』の中で 「K−1戦士に転身するのは容易なことではない。アメフト選手で我慢しろ」と述べるなど、災害時の責任追及の厳格化を説く。

 地震発生からようやく2週間経った昨日、被災地を訪れた北の弓理事長は横柄な態度で被災者をジロジロと睨め回し、

―「みやげ物屋はどこだ?」
―「土地の女を連れて来い」
―「オレが来たからにはもう安心だ」
―「地酒の試飲コーナーは準備してあるんだろ?」
―「当然リムジンつきスイートだ」
―「食事は1日5回出せよ。間違えるな」
―「おい、ゴザ持って来い」

と放言のオンザカーニバル…、いやオンパレード。地元住民すべてから反感を買ったのは言うまでもない。しかし、被災した力士たちは津波発生の翌日には稽古 を再開。懸命に生き延びようとするその執念は、多くの国民をシラけさせた。

 ちなみに喜界ヶ島は、大朝鮮民国との領土紛争によって10年以上戦火にさらされ続け、まったく土地は荒廃。島民の多くは軍事関係者である。また、辻々のいたるところに共産ゲリラが潜んでおり、わが国の植民地でもっとも危険度が高い地域に指定されている。なお、同盟国のアメリカ下院議会では核の使用を認める議決をしたばかりである。

今川開発


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

自然・災害」カテゴリの別の記事を読む