×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

事件:更新2005/07/02

角界に衝撃走る! 
相撲部屋買収の動き!?

 インターネット関連企業ドライブドアのホエリモンこと帆襟澳門社長は、大相撲金竟山部屋の買収に向けて資金調達に動いていることを正式に認めた。これは、下閉伊郡普代村(岩手県)のリゾートスパで昨夜開かれたIT関連企業経営者会議に出席した際、記者団の質問に答える形で公表されたもの。

 ドライブドアはインターネットサイト上でデブ専アダルトサイトを数多く開設し、法外な利用料金を請求することで急激に売り上げを伸ばしている新興企業として知られている。創業者の帆襟社長は主にM&Aを繰り返しながら組織を巨大化させてきた実力者としてあまりに有名である。

 金竟山部屋は昭和11年設立。現在は39代目にあたり、元関脇夕賀竜の金竟山親方が先代(元横綱木白戸)から引き継いだ名門部屋で、大関真糸凱を筆頭に関取15名を含む総勢83名の弟子を抱える大所帯である。
 しかし、近年は金竟山親方の借金や不動産業の失敗、さらには元幕内力士の不祥事などが相次いだ結果、30億円を超える負債を抱え込むなど、何かとトラブルが続いていた。そのため、年寄名跡を担保に複数の金融会社から多額の借り入れがあるとの噂が絶えない。
 ドライブドアでは、年寄名跡の取得については否定したものの、M&Aについては社内で検討中であるとしている。また帆襟社長は「相撲協会はまだまだ開拓の余地がある。部屋の経営はおいしいビジネスのひとつである。もっとも親方がいなきゃ部屋は成り立たぬが…」と語っており、今後年寄名跡の取得の可能性を示唆した。

 一方、インターネット関連企業のソフトパンクは、所有するプロ野球球団を手放して、相撲部屋経営に乗り出すことを発表した。現在、年寄名跡の獲得に向けて複数の親方と交渉中で、早ければ来月中にも交渉をまとめ部屋を立ち上げたいとしている。子系マサヨシ社長は交渉の相手について「今はまだ名を明かすことはできないが途橘風部屋だ」とうっかり失言。瞬く間に都内墨田区にある途橘風部屋の前に、大勢の記者や野良犬などが集まる事態となった。
 ソフトパンクでは正式なオファーがあり次第、力士の有償譲り受けにも応じたいとしており、これまで他業種の参入を認めてこなかった角界に新風をもたらしそうだ。これを受けて相撲協会の肩男波理事長は「IT企業参入ということは…ロボ力士時代の到来?」と記者団に問い返すなど戸惑いを隠せなかった。
 一方、「にゃんこダイニング若」では猫肉を使った。

今川開発


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

政治・経済」カテゴリの別の記事を読む