×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

事件:更新2005/05/08

土俵に置き石 
昨日だけで12件も

 昨日午後、東京都兩國にある国枝館の第128号練習用土俵の上に置き石されているのを警戒中の自警団員が見つけ、警察に届け出た。

 見つかったのはこぶし大の閃緑岩1個(約170グラム)と、重さ5.2キログラムの玄武岩1個。
 自警団員が昨日の正午ごろ見回りをした際は土俵に異常が見られなかった。警視庁では、昨日正午以降置き石が発見される午後6時までの間に何者かが土俵転覆を目論んで、置き石をしたと見て慎重な捜査を進める方針。
 なお、警察の調べに対し2つの置き石は石のように沈黙を保っている。


撤去作業中の花崗岩

 また、同日夕、国枝館東側側溝で力士の転覆を狙った置き石1個が発見され、撤去作業中に路上に飛び出すなどしたため、警察は付近一帯にバリケードを築き道路を封鎖した。このため帰宅途中のビジネスマンや出勤途中の夜盗団など100名余りが一時足止めされ国枝館前道路は約30分間に渡り巨漢男らでごった返した。
 警察の調べによると、この置き石は花崗岩とみられ大きさは約1メートル。重さは推定で600キログラム。今のところ、犯人は不明。

 さらに国枝館西棟の撮影用第309号土俵でも置き石と見られる溶岩が見つかった。昨日午後9時頃、トイレを清掃中の隅田川清掃部長(元序五段獅子乃嵐)が土俵にやたら高熱を発する異物があるのを見つけ、北濃尾理事長を通じて警察に届け出た。
 おりしも土俵上では力士10名、スタッフ20名程度がスナップ撮影をしており、危うく大惨事を免れた。


土俵を覆う溶岩

事件当時、午後1時30分から都内のボウリング場で開かれたボウリング大会に理事長をはじめとする執行部役員96名全員が参加しており、全員が置き石事件について知っていたという。また、96名全員が居酒屋での二次会にも出席。さらに96名全員が三次会の焼肉屋で暴飲暴食の限りを尽くしたという。今のところ体調を崩した者はいない。
 これについてオール日本相撲協議会の北濃尾理事長は「大変恥ずかしい。焼き肉ごときで目の色変えるなんて…」と消え入るような声で語った。また江故乃海安全部長は「ガーターを出すたびに『あちゃー脱線だぁー』と大はしゃぎしたと聞いている。ナイスセンスだと思った」と謝罪した。

今川開発


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

事件」カテゴリの別の記事を読む