×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

エンターテインメント:更新2010/07/04

琴三月、銀幕デヴュー
『ドカベン・ザ・ムーヴィー』で主役抜擢か

車宝エンタテインメント+秋由書店は4日、少年チャソピオソで連載中の人気漫画、『ドカベソ・スーパースターズ編』(秋由書店)を実写映画化した、『ドカベソ・ザ・ムーヴィー/夏子はん永遠に(フォーエヴァー)』の制作に着手したことを明らかにした。『ドカベソ』の実写映画化は1977年以来実に33年ぶりとなる。それに先立って、主役級のキャストが一部発表された。

それによると、主役の「ドカベソ」こと名捕手にして強打者の山田太郎役には渦中の人・元大関・琴三月が大抜擢された模様。この件について琴三月からは何のコメントもないものの、既にこのオファーを本人も了承しているといい、その証拠にここ最近しばしば野球場に出入りする元大関の姿を何人かの関係者が目撃しているという。監督の前田銀は「彼を初めて見たときから『実写映画版ドカベソの山田太郎はこの人しかいない』と思っていた。体型はドカベソそのものだし、何といってもその目の細さ。前の実写版のときはドカベンの癖に目がパッチリしていて違和感がありまくりだった。彼こそ、ドカベンを演じるために生まれてきたようなもの。相撲だけに人生を捧げるなどもったいないにもほどがある」と大絶賛。前田監督はもし今後『ドカベソ』実写版の映画・ドラマがあるときは積極的に主役として活躍してもらいたいとしている。

なお、それ以外の配役については次の通り。

岩鬼正美・・・宇梶剛司
殿馬一人・・・辻井伸之(ピアニスト、野球部分も本人[特訓しました])
里中智・・・堀北真稀
山田の祖父・・・水島真司(作者)
山田サチ子・・・大橋のゾみ
土井垣監督・・・市川悔老蔵

夏子はん・・・元関脇・貴東力(友情出演)

作者である水島真司氏の話

ボクは相撲も大好きなのでこの映画化には期待している。この前は徳川監督として出たけれど、今度は祖父役とは、時代の流れを感じる。ただ、スーパースター編って野球好き勝手にやってるだけやし、そもそもどこを映画化するつもりなんやろ?……え?夏子と岩鬼でオリジナルストーリー?この前結婚させたやん。濡れ場もある?誰が得すんねん、それ…。それならまだ山田の家に下宿している女キャッチャーと山田であれこれヤラせた方がまだマシやで。え……小林?誰それ?妹いたよなって?いや待て待て、小林って誰や?ピッチャー?中学時代からの山田のライバルで目を怪我させられて、高校になってサイドハンドで帰ってきた?で、美人の妹がいる、と。そんなんおったかなあ。サチ子と同い年くらいなん、その妹?はぁ、ほぼ同年代か。ほな今さら出してもその妹も三十路やし、それやったらどうでもええわ。

※なおキャスト名やその職業に、実在する方と酷似する方の名が書かれていますが、この記事とは一切関係ありませんのでご注意下さい。


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

エンターテインメント」カテゴリの別の記事を読む