×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

Google

検索は↑からどうぞ。

トップ 角界 事件 スポーツ 政治・経済 国際 自然・災害 エンターテインメント 教育・文化 おくやみ

相撲ネタから相撲ネタまで〜暇潰的相撲ネタブログ 今川開発の暇潰部屋 、絶賛運営中です!

教育・文化:更新2010/07/07

呼出に留学制度
イタリアに半年の短期留学でより美声を目指す

人気が凋落傾向にある曰本相模協会は、幕下格以下の呼び出しから抜擢して声楽の本場・イタリアに短期留学する制度を発足させることを明らかにした。

この制度は、相模協会独自の呼出育成プログラムに加えて、よりグローバルな視点から「呼出道」というものを極め、世界的に通用する呼出を育成することで相撲界にとどまらない様々な活躍を期待するために設けられたのだという。現在の時点でイタリアテノール協会(本部・ローマ)付属のモデナ音楽院が受け入れに名乗りを上げており、早ければ今年の8月から早速留学第一号呼出が誕生するのだという。この動きについて、声楽に詳しい束京大学文学部・新田二郎教授(音楽学)は「声を生業にしている人は『消耗品』であるのどを上手く使ってこれで一生生きていかなければならない過酷な仕事。それゆえに、声楽の本場でそうしたことも含めて学ぶのには大変意義がある」と分析している。

また、呼出の土俵築きの技術をより向上させるために、束京大学大学院工学研究科では既に3人の呼出が約2年のプログラムで学問に励んでいる。同研究科の新田三郎教授(土俵工学)によると、「一般学生より真面目に取り組む姿勢が見られる。彼らの学歴は殆どが中学卒だがそれを感じさせない向学心は見事というほかない」とのことで学生としての評価もピカ一のようだ。

これまで「閉鎖的」とされていた相模のここ最近の急激な変化について、相撲研究の第一人者新田四郎・束京大学文学部教授は、「ここ最近の相撲批判の根底にはその『閉鎖性』が度々挙げられていた。その裏返しなのでしょう」とのこと。確かに、内内で生じた問題を処理しようとして却って明るみに出て問題が深刻化するケースがここ最近は繰り返されていた。このことに関してはメディア研究に詳しい新田五郎・束京大学法学部教授(マスメディア学)は「ややマスコミが執拗に採り上げて騒いでいるのには違和感を感じる。かといって陰謀論的なことをここで唱えても意味がないので客観的に評価するならば、かつての若貴兄弟とその周辺のスキャンダラスな報道が意外と受けてしまったために、二匹目、三匹目のドジョウを狙ってやっているということであろう。新規のネタを開拓するよりは反応があらかじめ予測できるネタの方が書きやすいというのもある」としており、マスコミの格好の餌食になってしまった相模界の現状を示唆した。

相模協会では、今度の海外留学での取り組みが上手くいけば、よりグローバルな視点から、行司をタスポーツの審判講習会に参加させることや、床山をファッションの本場、フランス・パリに長期留学させること、さらには親方にMBAの取得を義務付けることなどを暫時検討していくという。ただ肝心の力士については「これまでどおり土俵で頑張ってもらう」とのことで特に何も考えていないとのこと。しかし、こうした外の世界に触れることで得られるものがあるのであればこうした一見奇抜な取り組みも悪くないのかもしれない。

声楽に詳しい新田六郎・束京大学経営学部(声楽史)の話

呼出?あれって場内アナウンスあればいらなくね?


おすすめ情報[PR]

誰よりも速攻!機敏に動ける!
最近体重ばかり増えて動きが鈍くなったあなたにおススメ!
究極の軽量ナイロンマワシはヌピード社にお任せを。
http://nupeed.com/

差し違えても、潔くありたいあなたへ。
行司の美学、それは土俵の美であること…。
審判長の裁定が気に入らないその時は、当社の脇差で華麗なる切腹を!審判団へのあてつけにぜひ!
http://swordjapanseppuku.com/

教育・文化」カテゴリの別の記事を読む